FC2ブログ

090712_あばばば

熱が出たけど、休むわけにはいかねぇな
ということで、突貫!


首尾はまずまずといったところでしたが
体の調子は芳しくなさそう。


今日は疲れました。

都議選
自公過半数割れ
そりゃあんだけ足の引っ張り合いをしてたらそうなるわな。

民主大躍進かー
国政もこのままの勢いになるんかなぁ・・・

これで鳩山が国民の支持を得たとか言い出して
金の問題がスルーされないように気をつけて欲しいものだけど

民主党:民主党「憲法提言中間報告」のポイント
民主党

○解釈改憲による憲法の「空洞化」を阻止し、「法の支配」と立憲政治を確立するために。
 ◆「法の支配」を貫徹できる、より明確な憲法へ
 ◆憲法裁判所の設置を


(1)グローバリゼーションと情報化に伴う新しい変化や価値に応えるために。

 ◆国家主権の移譲や主権の共有へ
 ◆アジアとの共生


(2)「脱官僚」政治を実現し、名実ともに国民主権を深化させるために。

 ◆内閣総理大臣の「執行権」を明確に
 ◆公会計原則の明記や行政監視院の設置  

(3)「脱集権」「地域主権」の確立により、分権国家・日本を創り出すために。

 ◆中央政府と地方政府の対等原則
 ◆課税自主権の明記と補完性の原理

(4)「新しい人権」の確立と21世紀的「人権保障」のために。

 ◆独立した第三者機関としての「人権委員会」の設置
 ◆プライバシー保護請求権、政府に対する情報開示請求権などの明記

(5)なし崩し的自衛隊の海外派遣という事態を許さず、国際協調主義で平和を確固たるものとするために。

 ◆国際協調の立場に立ち、国連の集団安全保障活動に積極的に参加
 ◆専守防衛に徹した、「限定された自衛権」を位置づける
太字の部分が個人的に不安を覚える部分です。
国家主権の委譲なぞ、もっての外です。
共有したところで新しい火種になる可能性がある以上
推奨や賛同は出来ません。
アジア諸国から日本は、左巻きの皆さんが言うには
とても嫌われているらしいです。
そういう相手に気軽に共有なんかを持ちかけたら
下手したら、沖縄という土地をすっかり、共有相手に占有され
竹島や北方領土のように返してすらもらえない状況になる可能性もあるからです。
人権委員会を設置するとありますが、人権委員会は何を以って
該当自由を差別と判断するのか、人権擁護法案を見る以上
人権委員会が差別と判断したら差別に当たるといった
曖昧な条件により、恣意的な利用が可能な上、
人権委員会の委員の任命方法や責任なども
非常に曖昧なものになっており、
暴走をしても止められない可能性があることです。
最後は国防です。
日本の国防費は高い高いといわれていますが
そのうちの大半は人件費に飛んでしまっており、
実際は非常に切り詰めている状態です。
国を維持するための大変基本的な問題なのに
日本は自衛隊という曖昧な、存在だけに留めておき、
アメリカ軍に依存している状態です。

こういったようにいびつな状態を正すためには
少なくとも敵対されている国の戦力と戦えるぐらいの軍備は必要ではないでしょうか?
終戦直前になって日本が敗色濃厚になったら、
中立だったにも関わらずソ連は攻めてきたのです。
もし日本に向けてミサイルを撃っている国と交戦状態になれば、
反日政策をとっている国が攻めてきてもおかしくはありません。
外交においても日本として強い発言力で以って意見を表明するには
経済力だけでは、ATMと呼ばれるだけで終わってしまいます。
21世紀になっても未だに国家間の間で一番ものを言うのは
悲しいことに軍事力なのです。
こちら側から軍事力を行使することはなくとも
いつでも攻め込んでもいいんだぞという
強いカードを手にするだけで、外交は非常にやりやすくなるのです。
日本の国益を守るためにも是非、強固な力を保持して欲しいものです。


人の生き死を左右するもの、権利を侵害するもの、義務を負わすものに関しては
非常に慎重に厳格に、議論を交わし、法律を作ること

目先に甘い罠に目が眩む余り本当に日本にとって利益があるかどうか
メリットばかりに目が眩んでデメリットが見えなくなってないか?目を逸らしていないか?

これらをしっかり考えられない政党は民主であろうと自民であろうと
支持できませんな。

2chのコピペなんですけど
これって本当なんですか?w

民主党の出馬候補

北海道12区 松木 けんこう 元北海道通信社取締役副社長
宮城1区 郡 和子 元東北放送アナウンサー
宮城5区 安住 淳 元NHK記者
山形2区 近藤 洋介 元日経新聞記者
茨城1区 福島 のぶゆき 元経済産業省
群馬1区 宮崎 タケシ 元上毛新聞記者
埼玉9区 いがらし 文彦 元時事通信社記者
千葉3区 岡島 一正 元NHKカメラマン
千葉6区 生方 幸夫 元読売新聞編集
神奈川4区 長島 一由 元フジテレビ記者
神奈川6区 池田 元久 元NHK記者
神奈川9区 笠 ひろふみ 元テレビ朝日記者
神奈川11区 横粂 勝仁 元あいのり出演者
東京6区 小宮山 洋子 元NHKアナウンサー
東京7区 ながつま 昭 元日経ビジネス記者
東京18区 菅 直人 元市民団体
長野4区 やざき 公二 現 毎 日 新 聞 総 務 部 休 職 中
長野5区 加藤 学 NHK広島ディレクター
岐阜5区 あちは 吉信 元産経新聞記者
静岡6区 わたなべ 周 元読売新聞記者
静岡7区 斉木 武志 元NHKアナウンサー
愛知3区 近藤 昭一 元中日新聞記者
京都1区 平 智之 元KBSパーソナリティー
大阪3区 中島 正純 元テレビコメンテーター
大阪16区 森山 浩行 元関西テレビ記者
兵庫1区 井戸 まさえ 元東洋経済新報社記者
愛媛1区 ながえ 孝子 元南海放送アナウンサー
高知2区 くすもと 清世 元日経ビジネス編集アシスタント
沖縄3区 玉城 デニー 元ラジオパーソナリティ

自民の方のメディア出身候補の数がわからないので
判断に困りますが、これって、ズブズブじゃないんかねぇ?
12:00
釜玉うどん
ざるうどん
から揚げ・イカ天・ちくわ天

22:00
ご飯3
煮込みハンバーグ
ポテトサラダ
ソーセージステーキ
鮭の塩焼き
スポンサーサイト



comment

Secret

ちなみに自民党の候補者はこんな感じです。
北海道3区 石崎 岳   元北海道放送キャスター
北海道10区 飯島 夕雁  元出版社編集長
青森3区  大島 理森  元毎日新聞社記者
秋田3区  御法川信英  みのもんたの親戚
岩手1区  高橋 比奈子 元テレビ岩手報道制作局アナウンサー
宮城4区  伊藤 信太郎 元国際ニュース番組「CNNデイウォッチ」メインキャスター
茨城2区  額賀 福志郎 元産経新聞社記者
茨城6区  丹羽 雄哉  元読売新聞社記者
栃木5区  茂木 敏充  元読売新聞社政治部記者
群馬5区  小渕 優子  元TBS勤務
埼玉13区 土屋 品子  元番組パーソナリティ(テレビ番組)
千葉5区  薗浦 健太郎 元読売新聞社記者
神奈川4区 林 潤    元毎日新聞社記者
東京8区  石原 伸晃  元日本テレビ政治部記者
東京10区  小池百合子  元キャスター・ジャーナリスト
東京19区  松本洋平  元日本文化チャンネル桜キャスター
東京14区  松島 みどり 元朝日新聞社記者
石川2区  森 喜朗    元産経新聞記者
静岡2区  原田 令嗣  元NHK報道局国際部・衛星ハイビジョン局チーフ・プロデューサー
愛知5区  寺西 睦   元電通勤務
愛知8区  伊藤 忠彦  元電通勤務
大阪4区  中山 泰秀  元電通勤務
大阪10区  松浪 健太  元産経新聞社記者
比例近畿  矢野 隆司  元神戸新聞記者
比例近畿  近藤三津枝  元キャスター・ジャーナリスト
島根2区  竹下 亘   元NHK経済部記者、キャスター
広島4区  中川 秀直  元日本経済新聞社政治部キャップ
香川1区  平井 卓也  元電通勤務
熊本3区  坂本 哲志  元熊本日日新聞社記者

お返事遅れて申し訳ありません。
通りすがりさんお返事ありがとうございます。
2chのコピペかもしれませんが
めんどくさいリストアップ作業お疲れ様です。
こういう作業が、情報の集約の反面、偏る原因にもなるのでしょうね。
一次ソース源以外のものは、慎重に中身を吟味しないければいけませんね。
流石、現役議員様も結構いらっしゃいますねぇ
マスコミ自民の方にも抜かりはないですね
マスコミ出身が議員にはなるなとは言いませんが
知名度の面で、他の候補より優位に立てる面においては
ズルいとまでは言いませんが、政策ではなく人気で投票してしまう
有権者の愚かさ具合も本当はどうにかしたいところですよね。
どんな業界にでも癒着があるといわれればそれまですけどね。
色々な意味で有権者はどっちも信用に値しないというネガティブな理由で
民主も自民もダメだという意見が多く、正直なところ、迷っていると思います。
通りすがりさんは場末の拙ブログにまでわざわざ書き込みいただくほど
政治にご関心があると思われますので、さそかし、深い知識をお持ちなのでしょう。
感情を抜きにしてどのような政党どういう理由でご支持されるのでしょうか?
ご参考までにお伺いしたいところです。
通りすがりというお名前の方は書き逃げが多いですが
お返事待ってます。
プロフィール

東風

Author:東風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード